RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ポートランドからボストンに美味しい牡蠣を食べに行こう!
 

4日間ボストンに行ってました。

滞在したホテルは、


Boston Omni Parker Hotel


1855
年創業のとっても古いホテルだけど、去年リモデリングをしたらしく、そんなに古さは感じなかったです。どこにでも歩いていける立地がとっても良かったです。税金入れて、1泊$250くらいだったけど、ホテルのレベル&立地を考えるとお得かなぁ。しかも、結構大きいコンベンションの開催期間だったし。

 

旦那の仕事を手伝っていたので、ほとんど観光する暇はなかったけど、食べるものはしっかり食べてきましたよ〜。

 

Hotelから歩いて5分くらいのところにあるイタリアン街 North End

そこのSalem Street にある

Oyster Bar Neptune


元ボストン在住の友達のお勧めのこのレストラン、久々にヒット!!!

料理というよりも、生の牡蠣やウニがびっくりするくらい美味しかったです。

まずは、MA産のワイン。マサチューセッツ州でワイン作ってたんですね。カナダでも作ってるから作ってるか。。。

Westport のピノグリ

ドライ感少な目で、フルーティーなのにシーフードに合ってて、いい感じ。グラスで$11Westportのホームページでチェックしたらボトル$19で売ってました。軽くぼったくり?


                                                         10
種類くらいの牡蠣があって、味の説明の紙をくれるのでそれを見ながら5種類ほど塩気が少なめの牡蠣を選んで、 生のウニもあったので、ウニもオーダー。

Kumamoto WA)以外はせっかくなので、MA産を選んでみました。




















いや〜〜〜どの牡蠣も今までの生牡蠣はなんだったんだ?って思うくらいおいしかったです。メイン州産のウニも、その場で殻を割って、洗って出してくれたのですが、口に入れた瞬間にス〜っと溶けて、甘さが口の中に広がって、劇ウマ。

木の箱に入ってるウニしか食べたことがなかった私としては、かなり感動。


さらに生牡蠣4個食べたころ、旦那合流。生牡蠣に日本で当たって以来食べれない旦那のために、ブルークラブ&ロブスター カクテルをオーダー。

フロリダ産のブルークラブは、美味しかったけど、ホースラディッシュがちょっと強過ぎて、カニの味が消されちゃってました。Nw エリアのダンジネスクラブのほうが好きかなぁ。ロブスターもなかなか美味しかったです。私は、生牡蠣とウニの美味しさの感動を引きずっていて、カニとロブスターにはそこまで感動しなかったけど、ロブスター$18っていうのも魅力。夏にビクトリアに行ったときは、ほとんどのレストランが$50とかでロブスター出してたし。

 

最後の締めは、ロブスターロール。このレストランを教えてくれて友達のお勧め料理。単にちょっと甘めのコッペパンにバター風味のロブスターがぎっしり。

ロブスターカクテルよりこっちのバター風味のロブスターのほうが美味。

旦那は、かなり気に入って、ポートランドに帰る瞬間まで、もう一度食べに行きたいって言ってました。結局、時間がなくていけなかったのですが。。。是非是非、ボストンに訪れたときは、このレストランお勧めします。

小さめのレストランだけど、カウンターがあって、一人でも気軽にワインと牡蠣を楽しめます。ちょっと、高めだけど、これだけ新鮮で美味しい生牡蠣を食べさせてくれるなら価値があるかなぁ。

 

 

 

 

author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 09:08
comments(2), trackbacks(4)
ビクトリアにアフターヌーンティーをしに行こう!
JUGEMテーマ:グルメ

ビクトリア&ペンダーアイランドから帰ってきました!
4日間、お天気はあまり良くなかったけど、大自然の中にいるにもかかわらず、毎日、飲んで食べて寝る〜の繰り返しだったので、あんまりお天気は関係なかったかなぁ。

1日目は、ビクトリア
Olympic Peninsulaの素晴らしい景色を見ながらドライブをして、Olympic Peninsulaの北にあるPort Anglesからフェリーで90分。
ビクトリアでの目的、アフターヌーンティーを体験しようと、チェックをしていたティーハウスに予約の電話を入れたら、2週間、バケーションでお休みでした。結局、高過ぎるって不評だったThe Empress のアフターヌーンティーに予約。値段は、時期によって、変わるみたいだけど、私たちが行った日は、一人$54。
チップと税金を入れたら、二人で$140です。お茶とサンドウィッチとスコーンですよ〜!しかも、セットプライスなので、3人で、座ったら、3人全員このアフターヌーンティーを頼まないといけません。
でも、せっかくだしってことで、日本からの時差ぼけで、昼寝をしていた旦那を起こして、アフターヌーンティーを楽しんできました。
まずは、フルーツ。
ストロベリーにクリーム。このクリームが甘さがほんのりで、甘酸っぱいイチゴとマッチして、おいしい〜。
その後、6種類くらいの中から選んだ紅茶が出てきて、
ティースタンド登場。

サンドウィッチは、スモークサーモン&クリームチーズ、キュウカンバー、マンゴーカレーチキン。
アメリカでは、なかなかお目にかかれない、薄い食パンのサンドウィッチ。具のマンゴーカレーチキンのカレー味も、日本のカレー。雰囲気が良いからなのか、シンプルなきゅうりのサンドウィッチまで、ちょっと味の強めのバターときゅうりがいい感じに味が交わって美味しかったです。
スコーンもサクサク感があるのに、しっとりで、ジャムとクロテッドクリームを絡めて食べると最高でした〜。

で、かなりの期待をして、デザート系を食べると、あま〜〜〜〜い!甘過ぎる。ほとんど、食べれませんでした。旦那は食べてたけど。。。
いくら、食べ物に執着心ありありの私たち夫婦でも、こんなハイソなところで、
“ドギーバックくださ〜い”と言えるわけもなく、でも、この甘さは、どんなにがんばっても食べれない。と葛藤をしてると、かわいい箱のドギーバックを持ってきてくれました。ちなみに、The Empressのアフターヌーンティー、サンドウィッチがもっと食べたい、とか言うと、別のお皿で、持ってきてくれます。食べ放題???隣のおばあちゃんグループは、おかわりを大量にして、それをドギーバックに入れて、持ち帰ってました。凄すぎる。

お土産に紅茶が一缶付いてくるし、おいしかったけど、また行く?って聞かれたら、行かないかなぁ。かなり、オーバープライス。
やっぱり、アフターヌーンティーは、観光地じゃなくて、時間がたっぷりあるときに、女友達とおしゃべりしながら、楽しみたいですね。



ちなみに、ポートランドでは、ダウンタウンの Heathman Hotel でアフターヌーンティーが楽しめます。


author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 16:52
comments(2), trackbacks(1)
アリゾナでSEA SAWに行こう!
バケーション最終日は、旦那が、日本の帝国ホテルを設計したFrank Wright の学校のツアーに参加したいというので、Scottsdaleに滞在しました。ホテルはThe Westin kierland Scottsdaleのダウンタウンからは、車で20分くらいかかるけど、ホテルの裏に広がるゴルフ場、サンセットの時間には、バグパイプの演奏とかあって、なかなか素敵なホテルでした。
そして、Scottsdale滞在の私の目的は、もちろん食べ物。Scottsdaleはお金持ち層のエリアなので、高級レストランが沢山。
散々、迷った挙句、数年前にFood &WineマガジンでBest New Chefに選ばれた日本人シェフ、フクダ ノブオ氏のレストラン、
Sea Saw
に行くことに決定。
不安だったのは、有名日本人シェフのレストランなのに、日本語で検索するとほとんど、情報が出てこなかった(英語の絶賛レビューは結構出てきました)、そして、小さなレストランにも関わらず、1週間前に予約を入れて、すんなりと予約が取れてしまった。
とりあえず、新規のお客さんはお任せコース$125しか頼めないってことで、私と旦那で同じコースを注文するのに不満はあったものの、メインのラムは、私のコースは、魚か野菜に変えてくれるっていうので、そのまま予約。

レストランに着いて、ちょっとやな予感。
真ん中のオープンキチンでは、4人の白人シェフ(日本人シェフの方は働いていなかったです)。お客さんもみ〜んな白人。まぁ、アリゾナだし。と気分を取り直して、
前菜
蛸のから揚げ(みたいなもの)+スナップエンドウ+その場で削った鰹節
枝豆のスープに森のキャビアトンブリ
くまもとオイスターにうにがのって、その場ですりおろした本わさび


刺身サーモンの中にアーモンド
脂の乗ったハマチにグレープフルーツにアボガド
生だこを軽く炙ったものに、モッツレラチーズ&トマト
白身の魚(名前わすれちゃいました)に大根の甘酢づけ



ソフトシェルフシュリンプ
カレー味のえびのから揚げ+パパイアサラダカレー味



白身魚のカルパッチョ軽く火が通った白身魚がガーリックたっぷりのオイルに浸かって出てきました
一緒にグリーンオニオンのフォカッチャ


タタキ+ピノノアソース



マッシュルームメランジェ
えのき、シメジのバター焼き



コースのメイン
ラム



私がラムから変更して出てきたのは
たらの西京焼き


そして、デザートは
フォアグラの味噌漬け、イチゴソース


各料理には、それに合うワインが付いてきます。

感想としては、ワインは、よかったです。いいワインが少量づつ飲めたし。でも、日本食とはちょっと違う料理とはいえ、やっぱり、お醤油や味噌がある料理にワインを合わすのは無理があるかなぁ。
料理自体は、やりたいことは、よく分かるし、アメリカではなかなかお目にかかれない高級食材を使っているのも分かるけど、なにもかもが味がバラバラで、$100以上出すときに私が期待する二つの味の融合〜ってものが全くなかったです。西京焼きは、日本のスーパーのお弁当でも、もっとましな西京焼きが入ってるよって言いたくなるものだったし、フォアグラのデザートは、一口食べて、もう無理ってくらい、脂でギトギトだったし。
料理には関係ないけど、お店のスノッブさも本当に耐えられませんでした。
私たち夫婦、カウンターに座ってるにも関わらず、居ないもののように扱われてました。そして、帰るときもThank Youの一言もなく終了。
日本人シェフの方が働いていたら、何かが違っていたかもしれないけど。。。
二人で、税金、チップを入れて、$300。結構、立ち直れません。




JUGEMテーマ:グルメ


author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 12:17
comments(0), trackbacks(11)
オレゴンでパウダースノーのスキー場に行こう!
金曜から3日間、ミニバケーションで、オレゴン州の丁度真ん中に位置するベンド市から車で20分ほど行った
Sunriver リゾートに滞在してきました。
ポートランドからは車で3時間半くらいです。
このエリア一帯は、High Desert で、日本語で、高山砂漠(?)という気候で、とっても乾燥しています。
今回のミニバケーションの目的は、このリゾートからさらに、30分ほど行った所にある、マウントバチェラーでのスノーボード。5月くらいまで積雪があるので、日本からプロのスキーヤーやスノーボーダーが、トレーニングに訪れるみたいです。
さて、滞在したSunriver リゾートは、ホテルタイプのリゾートから、家を1軒借りるタイプのリゾート、アパートメントタイプのリゾートなどから、滞在スタイルを選べます。
私たちは、総勢11人で行ってきたので、4ベットルームの大きな家を借りました。
2泊でたったの$600なので、かなり格安の滞在となりました。
私たちが借りた家はこちら
2つのベットルームには、プライベートのバス、トイレが付いているし、6人くらいは余裕でOKの大きなジャグジーが外にあって、スノボで疲れた体には、すごくよかったです。
バケーションハウスのレンタル会社の対応も、すごく親切で、分からないこととかすぐに調べて、電話かけてきてくれたり、こんなにいいカスタマーサービスは、アメリカでは珍しいと感心するほどでした。
金曜の夜は、この家に付いていた、ガスバーベキューで、みんなでバーベキューをし、おいしいワインを飲んで、次の日の雪山に備えました。
土曜日、朝から、インターネット(借りたい家には、ワイヤレスのインターネットが装備)で、積雪情報を調べると、積雪なし。しかも、外の気温は、1℃。あ〜雪解けているかも。と、がっかりしながら車に乗り込み、山に向かってドライブをしていると、雨が降り出すし。。。。山は最悪のコンディションだなぁ、なんて、同僚たちと話しながら、
Mt. Bachelorに到着。
リフト券は、1日券で$56。スノボ初心者の人向けに リフト券+3時間レッスンで$70というパッケージもあります。ブーツとボードのレンタルは$30。
ブーツとボードは、Burtonの物なので、レンタルでも満足できると思います。
そうこうしているうちに、なんと、雪が降り始めてくれました。
ポートランドから1時間くらいで行けるスキー場がいくつかありますが、3時間かけて、ここにやってくる理由は、なんと言っても、最高のパウダースノー。
午後からは、かなり吹雪いてきたけれど、いい雪質で楽しかった〜。
去年、行ったときは、−20℃という極寒でしたが、今年は、気温も−2℃程度で丁度いい気温でした。
次期冬季オリンピックのバンクーバーの山よりも、私は、個人的にはバチェラーの方が好きかなぁ。バチェラー、大きな山だけど、リフト券も、そこまで高くないし。日本人に人気のカナダのウィスラーなんて、確かリフト券$80くらいだったような。
何が楽しかったって職場の同僚たちと、あ〜だ、こ〜だって言いながらご飯を作ったり、DVDを見たり、道に迷ったり(笑)。気の許せる人たちとの旅行って楽しいですよね。
初心者も周りを気にせずに練習できる空き具合↓。そして、10年間同じスノボのウエアーを着続けている私。。。。いい加減、新しいの買おう。旦那、今から山に仕事に行くの?って感じの風貌。




大人数でなくても、2ベットルームとかの家なら、もっと格安で借りれちゃうので、小さなグループで行っても楽しいと思います。マウントバチェラーには、$50で1日中、見てくれる託児所も完備しているので、赤ちゃんがいて、スキーに行けないって人にもお勧めです。

また、今年中に1回行けたらいいなぁ〜。
author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 11:52
comments(1), trackbacks(8)
NYに日本食を食べ比べに行こう
NYで食べた日本の物。
Cafe Zaiya
日本からの観光なら、行く必要はないけれど、アメリカ在住で日本のケーキに飢えてる人は、是非、Cafe Zaiyaへ。私は、イチゴショートケーキを食べたのだけど、甘さ控えめのあの日本のショートケーキ。しっとりスポンジに甘さ控えめの生クリーム。値段も$2.50と格安。ディナーに行く前だったので、ケーキ1個で我慢したけど、モンブランもおいしそうだったな〜。

Decibel
NY在住のアメリカ人友達に、すごくいい感じの酒バー見つけたから、行こう!!と言われて行ってきました。
階段を下りて、半地下みたいなところにお店はあるのですが、もう、そこは、別世界。薄暗い光のなかで、昭和初期の酒処って感じのお店。確かに、お酒の種類は多くて、酒バーって感じだけど、料理がおいしくなさ過ぎる。シュウマイも、焼きおにぎりもたぶん冷凍食品の気がする。どこかで、食事を済ませた後に、おしんこでもつまみながら、お酒を飲むにはいいかも〜。火曜の夜に行ったにもかかわらず、私たちが店を出る9時くらいには、満席、何組ものグループが待ってました。古くさ〜い居酒屋も、NYでは、ヒップになるんでしょうね。

蕎麦屋
イーストビレッジ9thストリートにあるお蕎麦屋さん。90パーセントのお客さんが日本人の方でした。
私はとろろそば。旦那はヅケ丼。四国生まれの私としては、スープが少し、醤油が強かったけど、でも、日本のおそばそのもの。そのとろろそばに入っていた春菊がおいしくて、懐かしくて、涙が出てきそうでした(笑)。地元の冷酒、梅錦も飲めて、満喫しました。旦那のヅケ丼もなかなかおいしかったです。隣の人が頼んでた天丼がすご〜くおいしそうでした。デザートで食べたミルクプリンもおいしかった〜。




Momofuku
NYに来たからには、おいしいラーメンを食べて帰らなければ。と思いつつ、イーストビレッジを歩いていると、ヌードルバー モモフク っていうおしゃれなインテリアのレストランの前に、たくさんの人が外で待っていて。ヌードル?モモフク?もちろん日本のラーメン屋だと思い40分くらい待って、店に入ると、オープンキッチンで麺をゆでてるのはみんな白人。ウエートレスもアジア人は1人もいない?しまった!もしや、ここはアメリカ人オーナーのラーメン屋?がっくりしてる私を見かねて、旦那がマネージャーらしき人に、ここは日本人が経営してるの?って聞くと、日系アメリカ人経営って答えが。。。
その答えにまたまたガックリ。
アメリカ人に私好みのラーメンが作れるわけがない。キッチンで麺を茹でてる白人のお兄さんも、とろとろしてるので、そんなにゆっくりしてたら麺がのびるよ〜と心の中で訴えながら、いざ、ラーメンを食べてみると、おいし〜い。麺の茹で加減もちょうどいいし。食材にこだわっているらしく、オーガニック農園で育ったチキンやポークを使ってるみたいです。素材の味が生かされていて、ラーメンもただこってりって感じではなく、だしがしっかり利いているって感じでした。日本のラーメンよりかは、中華麺に近いかなぁ。ラーメン以外にもいろいろなアジア料理がありました。

Nobu NY
大昔にNobu Tokyoに行って以来、Nobu系には行ってなかったのですが、NYはNobu発祥の地。ということで、行ってきました。
もちろん、ディナーな予約が取れず、ランチに行ってきました。
私はスペシャルスシ。旦那はランチ定食みたいなもので、お刺身とチキンの黒胡椒ソース。感想としては、Nobu Tokyoに行ったときと同じ。悪くはないけど、そんなに騒ぐほど?お寿司のネタはまぁまぁかな〜。でも、わさびが本わさびじゃなかったです。↑の蕎麦屋さんは本わさびでした。お味噌汁も、おそらく本だしを使っている普通の味噌汁。それでも、店は満席。まぁ、ワインを1杯づつ飲んで、チップも入れて$100以内なので、話題づくりに行ってもいいかも。なんていっても、Nobuは世界で一番有名な日本食レストランだし。(ベニバナかなぁ?)。ディナーで一人$100とか出す価値があるかどうかは謎です。

まだまだ、いろいろ食べまくったのですが、明日からは、オレゴン情報でいきます。ねたがないときに少しずつ、NYで食べたもの紹介していきますね〜。
author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 12:02
comments(0), trackbacks(1)
NYに絶品タルトを食べに行こう!
NYからポートランドに帰ってきました〜。
10日間の滞在。ろくに観光もせず、買い物と食べ歩きに明け暮れてました。
知らない土地、しかも、無数のレストランがあるNYでおいしいレストランを探すのは難しいので、今回はガイドブック地球の歩き方NY版を参考にいろいろ食べ歩いてきました。
かなりの数のレストランに行った中で、インパクトがあったところをアップしてみま〜す。地球の歩き方に載ってたレストランはページ数を参考にしてください。
まずは、
Joe’s Shanghai
いろいろなガイドブックにも載っていて、NY在住の人たちのブログでも人気の高かった小龍包Joe’s Shanghai(P413) に行ってきました。カニの小龍包が絶品という情報を仕入れ、豚肉が入っていないことを願って(私、豚肉食べれません)行ったのですが、豚肉ばっちり入ってました。しょうがないので、私は、野菜餃子、旦那はその小龍包、野菜チャーハンを食べてみました。野菜餃子は中身はおいしかったのですが、皮が分厚くていまいち、旦那は小龍包の肉汁が多すぎて、おいしいけど、感動するほどでは、ない。ってことで。でも、3品かなりのボリュームでトータル$15くらいだったので、値段を考慮するとOKかなぁ〜?


Once upon a Tart(P433)
ここの洋ナシとチョコレートのタルト私の中で、ただいまアメリカで食べたデザートの中でNO.1に君臨してます。
滞在していたSOHOのコンドから1ブロックのところにあって、ちょっとお茶でもしに行こうと、ふら〜っと行ったカフェ。有名とは知らず、このタルトを口に入れた瞬間に、少し固めのチョコレートムースのような食感で、甘すぎず、でも、あっさりし過ぎてなくて。。。今思い出しただけでも、食べたくなってしまいます。
気が付くと、”おいし〜い”って声が。え?ここは日本?あたりを見回すと、小さなカフェに3組も日本人グループ発見。地球の歩き方の影響?日本人をうならせるデザートがアメリカで食べれるなんて。
次の日もお茶をしに、ふら〜っと行って、今度はバナナチョコレートタルトを食べてみました。こちらは、バナナがちょっと多すぎで、いまいち。
そして、また次の日も、洋ナシチョコレートタルトを食べに行ってしまいました。そのくらい、気に入ってしまって。
ソーホーでお買い物に疲れたら、是非是非ここのカフェでお茶をしてみてください。
ちなみにタルトは$5です。クレジットカードは$10からしか使えないので、現金持参をおすすめします。


author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 16:02
comments(0), trackbacks(11)
オレゴンからNYに行こう!
お久しぶりです。
実は、今、NYにいます。10日間の観光にやってきてます。アメリカ生活3年目にして、初めてのNYです。
オレゴンからは、Jet Blueという飛行機会社でJFKに直行便はあります。私たちは、デンバー乗換えで、ユナイテッド航空を利用しました。ポートランドからデンバーまでは、2時間くらい、デンバーからNYまでは、3時間くらいで、思ったよりも飛行機は大変では、なかったかな。飛行機代は、往復で$230。激安です。
さて、まずは、お決まりの観光。
ロックフェラーセンターに行って、NYの夜景を見てきました。ロックフェラーセンターは、よくTVに写っている、大きなクリスマスツリーとアイススケートリングの光景のあの場所です。世界1高いビルだったエンパイヤステートビル(今はシカゴのシアーズタワー)に行くか、迷った挙句、ロックフェラーからの夜景のほうが綺麗という情報を得たので、ロックフェラーに行って見ました。エンパイヤステートビルも見えて、とっても綺麗な夜景でした。夜景はこんな感じ↓。

夜景を見た後は、お腹を満たそうと、韓国料理を食べに行ってきました。
CHO DANG GOL
タイムズスクエアー

の近くにある豆腐チゲのお店です。豆腐はお店で手作りしてるみたいです。メニューに日本語で訳がついてました。きっと日本人に人気なんでしょうね。私は、海鮮豆腐チゲをオーダー。韓国料理ってたまにやたらと辛くて、塩辛いところがあるのですが、ここのチゲ、辛すぎず、塩辛すぎず、海鮮の味が楽しめて、お豆腐もなかなかおいしかったです。写真は、小皿に取り分けた状態ですが、もちろん、石焼の容器に入ってやってきます。いろいろ前菜もついて、約$10。


ニューヨーク近代美術館 MoMA百聞は一見にしかず ということわざを実感しました。ピカソ、ゴッホ、ゴーギャンなどなど、小学校から散々、図工や美術の教科書に出てきた絵画を実際に見て、一番驚いたのは、モネの睡蓮がすごく大きな作品だったってこと。
日本人の観光客らしき人もたくさんいました。日本人でオーディオガイドを使っている人を全然見かけなかったのですが、日本語のオーディオもあるので、是非借りてみてください。各絵画の奥の深さが知れて、ただ、絵画を見るだけよりも、興味深かったです。たまに、変な日本語で笑っちゃいそうになりますが。。。オーディオガイドは無料で貸してもらえます。
MoMAに行った日のディナーは、飛行機の中で隣の席に乗っていたベジタリアンお勧めのベジタリアンレストランAngelica Kitchenに行ってきました。日本の居酒屋とか焼き肉やがあるイーストビレッジにあります。ちなみに、地球の歩き方NYにもこのレストランが載ってました。
前菜は、きんぴら。このきんぴら、すごーくおいしかった。日本で食べるきんぴらよりも、各野菜が太めに切られてて、歯ごたえがあって、白いご飯が欲しかったです。
その日のスペシャルディナー2品をオーダーしてみました。スープつきで、各$18。すべての料理が有機野菜で作られていて、おいしかったです。特にコロッケの方は絶品。



ベジタリアンの人も、そうでない人も、おいしく楽しめるレストランだと思います。支払いは現金のみなので、気をつけてください。

続きは、また明日アップします〜。




author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 13:13
comments(0), trackbacks(3)
オレゴンからおいしいシーフードを食べにシアトルに行こう!

今週末は、シアトルに1泊旅行に行って来ました。
ポートランドからシアトルのダウンタウンは、渋滞に引っかからなければ、たったの2時間半。
土曜にバタバタしていて、ポートランドを出発したのは2時半過ぎ。シアトルのダウンタウンのホテルに着いたのが5時過ぎくらいでした。
シアトルに来たなら、おいしいシーフードを食べなくてはってことで、ダウンタウンのPier56にあるElliott's Oyster Houseに夕食を食べに行って来ました。
ちなみに、私たちの滞在したホテルCrown Plaza Hotelを通して、予約を入れると、クラブケーキ(4つ)をもらえます。このクラブケーキ、カニの身がたくさん入っていて、おいしかったです。


Oyster Houseというくらいだから、生牡蠣を食べなくてはと、Kumamotoという、小ぶりのカキを食べてみました。アメリカ人はカクテルソースやケチャップで生牡蠣を食べる人がほとんどなのですが、さすが、観光地。醤油ある?って聞くと、普通の醤油とポン酢どっちがいい?という答えが返ってきました。やっぱり生牡蠣は、お醤油で食べたい。
小ぶりだけれど、味はしっかりしていて、(アメリカのカキは大味なのが多い)おいしかったです。12個で$17。ここのレストラン、平日の3時から6時までは、ハッピーアワーでなんとカキ1個50¢。30分ごとに20¢上がる仕組みみたいです。例えば、4時に注文したら、1個90¢。もし、平日にいける方は、このハッピーアワーかなりお得だと思います。
スパイシークラブチャウダーは$10で、味はまぁまぁでした。シーブードコブサラダ$17も普通かなぁ。意外だったのは、デザートで頼んだSunken Chocolate Souffle a la Modeかなりヘビーだったけど、甘すぎず結構おいしかったです。
ディナーの後は、どこかで飲もうとWホテルのラウンジで軽く飲んできました。ここのラウンジ、おしゃれな感じで、カクテルも女性向けのおいしいカクテルが揃っていました。
さて、日曜の朝食は、シアトルのお友達、ポートランドからシアトルに来ていたお友達と合流して、パイクプレースマーケットのすぐそばにあるCAFE CAMPAGNE
シアトルに来るときは必ずここで朝食を取るくらい私のお気に入りのフレンチレストランです。日本のガイドブック地球の歩き方にも載ってました。今日は、サーモングラブラックスをいただきました。このピンクのパテみたいなのが、サーモングラブラックス。これをフランスパンにつけて、食べるとおいしい。oeufs en cocotteとい料理おすすめです。ポーチドエッグにフォアグラソースがかかって、このフォアグラソースがとってもおいしいです。
ランチは、フィッシュアンドチップを海のそばで適当に食べました。まぁ、普通でした。
ランチのフィッシュアンドチップスがまだお腹にずっしり残っていたのですが、シアトルを去る前に、おいしいお寿司が食べた〜い。と思い、イチロウ選手も来るというShiro'sにはじめて行ってきました。このおすし屋さんNYTIMESにもレビューが載ったほど有名なおすし屋さんです。日曜の5時半だったので、予約なしでカウンターに座ることが出来ました。帰るときの7時半ころには、満席で待っている人もいたので、予約をお勧めします。
高いと聞いていたのに思ったよりお寿司の値段が安いなっと思うと、1貫の値段ではなくて、1個の値段でした。ここのお寿司、本当においしかったです。アメリカで今まで食べたお寿司の中では、ダントツで1番。オレゴンではなかなかお目にかかれない”大とろ”もあって、旦那も大喜び。はまちとミルガイが最高でした。うなぎを頼むと、うなぎは甘いから最後にしますね〜っと寿司シェフのそういう気遣いも最高。ウエートレスの言葉使いも、久しぶりにきれいな敬語を聞いたなぁって感じでした。写真を撮りたくて、うずうずしてたのですが、あまりにも周りの雰囲気が、写真を取れるような感じではなかったので、撮れませんでした。しっかり食べて、2人で$100くらいです。ポートランドのおすし屋さんよりは高いですが、ネタのおいしさ、スタッフの気遣いなどを考えると、1人$50って安いほうだよねっと旦那と納得して、あ〜あのはまちおいしかったね〜、トロも最高だったよね〜、あんなにおいしいミルガイ食べたことないよね〜っと車の中で盛り上がりながら、ポートランドに帰ってきました。
ポートランドにもおいしいシーフードがあるけれど、生のシーフードはシアトルに完全に負けてるなぁって印象です。シアトルで食べたシーフード、とっても新鮮でおいしかったです。
author:Portlander, category:アメリカその他の都市情報, 16:09
comments(0), trackbacks(1)