RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ポートランドにイカ墨パスタを食べに行こう!
 

前々から行こうと思いつつ、行けてなかったNE28stにある


Tabla Bistro


に行ってきました〜。

Mediterranean料理のレストランです。

内装はカジュアルな感じで、キッチンが見渡せるオープンキチン。来ているお客さんの年齢層は高めでした。


私も一緒に行ったお友達も、
1時間半くらいしか時間が取れなかったので、手っ取り早く、パスタメニューの中から


自家製イカ墨フィットチーネ



イカ墨フィットチーネに気を取られて気にしてなかったら、実はヤギのお肉入りでした。ちゃんとメニューに
Braised goat puttanescaって書いてあったのに、見落としてました。

お味のほうは、ほのかな磯の香りと、控えめなトマト味&オリーブの塩の味で、なかなか美味しかったです。パスタ自体は、もうちょっとこしがあって、もちもち感があったほうがよかったかな。生パスタだからこしは難しいのかもしれないけど。。。。。


ワインは、南イタリアの

Ocone falanghina tuburno Campania 2008

自己主張の強くないワインで、でも、イカ墨で磯っぽくなった口の中をまろやか〜にしてくれます。基本的に、日本食にワインは合わないと思っている私ですが、このワインは、日本食にすごく合うと思います。これから鍋の季節に、このワインをオーダーしようかなぁ。お値段も、ボトルで$14くらいみたいだし。Tablaでは、グラスで$10チャージされてました(涙)。

 

今回は、パスタとワイン、チップを入れて$35くらいだったので、コストパフォーマンスは悪くないかなぁ。パスタもFull Halfで選べて、私は、パスタだけの注文だったので、Fullでオーダーでしたが、結構な量ありました。


お勧めなのは(といっても私はまだトライしたことがないのですが)$24で3コースディナー。前菜、パスタ、メインの中から好きなものを選べます。そして、+
$16でそれぞれに合うワインのペアーリングもあります。3コースディナーにワイン3種類つけて、チップも入れて$50以下ってかなりお得ですよね。

次回は、3コースにトライしてきます!

 

 

 

 

author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 21:57
comments(0), trackbacks(5)
ポートランドで本格イタリアンピザを食べに行こう!
 

雪ですね〜。

スキー場じゃなくてこんなに雪積もったの見たの生まれて初めてかも〜。うちの辺りは15センチくらい積もってました。未だにかなり雪に囲まれてます。

あまりにも暇だったので、トラムでダウンタウン&パールディストリクトにふらふら行ってみたら、雪のなさにびっくり!我が家の周りは今日の夕方でまだ↓こんなに、雪まみれ〜。当分、車での外出は出来なそう。

 

そんな雪が降る前日の土曜日は、パールディストリクトに新しく出来たピザ屋(イタリアンレストラン)

Bella Gioia

にランチを食べにいってきました。

イタリア人の友達と彼女の旦那さん。イタリア料理の先生Tokoさんも一緒にランチ。

 

外からは小さいレストランに見えるけど、結構奥に広がっていて、パールのレストランとしては、大きいほうかも。カウンターには一枚長〜い大理石。本物の大理石だったらすごい。ピザだけじゃなく、パスタとか前菜もありました。

でも、本格イタリアンピザが食べれるってことで、みんなで集まったので、もちろん、みんなピザをオーダー。

 

私は、シンプルにマルゲリ−タ。生地がおいしかった〜。薄いのになぜかモチモチ。Ken’sNostrana のピザも美味しいけど、生地がたまにぱりぱり過ぎるんですよね。モッツァレラチーズは、私的にはちょっと塩辛かったかなぁ。とってもビールに合いそうな味。友達曰く、イタリアでもピザにはビールらしい。ビール飲めばよかったかなぁ。

ウェーターが、薄いから一人1枚頼んでも大丈夫って言うから1枚づつ頼んだけど、前夜、韓国料理屋でお腹が苦しくなるくらい食べてた私には、ちょっと大き過ぎ。というか、一つの味を楽しむには大き過ぎる。最後にはチーズが固まってきてたし。本日のスープでも頼んで、ピザは旦那と半分にすればよかったかなぁ。でも、残ったピザ、家のオーブンで温めなおしても、まだまだおいしかった〜。

一緒に行った5人の中で、全部ペロリと食べてたのは、イタリア人の友達のみ。いつも小食なのに、さすがピザとなったら食べるのね。と思ったら、どうやらこのピザのために朝食抜きだったみたい〜。笑。イタリアでもこのピザだったら美味しいほうに入るって言ってました。

 

土曜の1時くらいに行ったけど、結構空いてました。ピザ1枚$15前後なのでちょっとランチにしては高め。ディナーも同じメニューで同じ料金みたいです。

個人的には気に入りました。$15が高めと言っても、日本で食べれる同じような感じのピザはもっと高いし、お奨めです。Bella Gioiaでピザを食べて 道を挟んで前にあるCafé Umbriaでカプチーノを飲んで、ポートランドでイタリア気分♪

 

author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 18:39
comments(2), trackbacks(2)
ポートランドで$10デザートを食べに行こう!
 

Eco Shuttle のパーティーの後は、BurnsideにあるRon Tom’sに移動して友達と合流。

最近、ここのバーかなりお気に入り。

倉庫を改装して作ったと思われる、このバー。広くて、いつも混んでいるのだけど、天井が高いから開放感があるし、暖炉の近くを陣取って、友達とだらだらおしゃべりするには、最高の場所。Ron Tom’sでだらだらした後は、すぐ隣のLe Pigeon
で、夜遅くにデザートタイム。

11時近くだったけど、デザートだけだったらOKということで、久々のLe Pigeonで美味しいデザートを食べてきました。

3種類のデザートを3人で食べました。


ゴートチーズのチーズケーキ&洋ナシのコンポート

チョコレート&ヘーゼルナッツのテリーヌ、プラムソース

開店当時からずっとある

ベーコンコーンブレッド&バニラアイスクリーム、メイプルシロップ



 

ゴートチーズケーキは、濃かった〜。コーヒーでこれを食べるのは無理。赤ワインがないと食べきれない。それでも、がんばって3人で食べました。デザート用のチーズもあるので、Le Pigeonのデザートでチーズケーキは珍しかったので、期待しちゃったけど、濃厚チーズケーキ=チーズに限りなく近い。無難にチーズプレートを頼んだほうがいいかも。

ベーコンコーンブレッドは、スモーキーなベーコンの味とバニラアイスクリーム、そして、メイプルシロップが絶妙な組み合わせ。開店当時からずっとあるデザートメニューなので、もう何回も食べてるけど、何度食べてもおいしい。ベーコンとバニラアイスクリームの組み合わせは、Le Pigeonでしか見たことないかも。

今回、3人一致で一番美味しいと意見が同意したのが

チョコレートテリーヌ

口の中でほろっと崩れてとろけるチョコレートテリーヌ。初めての食感。甘さもかなり控えめで、日本のレストランで出てきそうなデザート。プラムソースが更にチョコレートの味を引き立てて、おいしかった〜〜〜。

 

コーヒーとデザートで一人$10くらいでした。$10で味わえる幸せ〜〜〜。

 閉店間際にしかもデザートしか食べない嫌な感じのお客にも、ちゃんとサービスをしてくれました。

 

 

 

author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 19:28
comments(0), trackbacks(1)
ポートランドで美味しいスパニッシュタパスを食べに行こう!
JUGEMテーマ:グルメ

Tokoさん宅から帰る途中に、I-84の渋滞に、はまって、
トイレに行きたくなってしまった私。。。
結局、旦那のウェアハウスのトイレに行ったら、
旦那や友達がちょうど居て、今からディナーに行くというので、Tokoさん宅で、お腹がはちきれそうなくらいランチ&デザートを食べておきながら、
久々に 
スペインタパス料理のレストラン Toro Bravo に行ってきました。
平日なのに相変わらず、混んでいて1時間待ち。
8人で行ったので、1時間待ちは優秀かも。
結局、サングリアを飲みながら、30分くらい待った時点で、席が空きました。
ファミリースタイルで、いろいろオーダーして、みんなでシェアして食べたので、食べたもの全部の写真は、ないけれど、久々のToro Bravo、かなり美味しかったです。
特に、スペシャルだったベイクドグリーンペッパーは、まさしく、日本のしし唐。焼き鳥屋さんを思い出しました。

パエリアも、本来のサフランと魚介類の味たっぷりのパエリアとは違ったけど、かなりシッカリ味のご飯にぷりぷりのムール貝やえびが乗ってて、絶品。

私は、食べなかったけど、このレストラン、お肉屋さんと関係があるらしく、お肉関係の料理がめちゃくちゃ美味しいらしいです。
旦那と二人でしか来たことがなかったので、お肉を食べない私を考慮して、お肉関係の料理をここで食べたことのなかった旦那は、今回、お肉料理をいろいろ食べて、お肉料理の美味しさに感動してました。
一皿はそんなに大きくないので、一人2品くらい頼んでちょうど。それでも、8人だったから、16皿。
かなり食べて、サングリアのピッチャーを6杯空け。一人チップも入れて$25。誰かが、多めに払ってくれたはず。。。。

1年ぶりくらいだったけど、以前の異常な混みようも、ちょっと緩和されているみたいだし、また食べに来よ〜うっと。




author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 08:35
comments(0), trackbacks(2)
ポートランドでおいしいホタテを食べに行こう!
金曜日の夜は、日本に帰っちゃう友達の送別会を兼ねて
Sel Grisに行ってきました。

数日前に予約の電話入れると、5時半しか空いてません。ということで、なんと5時半に予約。

当日、レストランにちょっと遅れて着くと、半分くらいの席が既に埋まってました。それにしても、ここはいつ来ても、Hawthorneとは思えない年齢層のお客様方。

久々にいったSel Gris。しかも5時半。外がかなり明るいので、なんとなく内装とミスマッチしてました。なんだか分からないけど、あんまり落ち着けなかったです。この手のレストランは、夏場は、日差しが入ってきてないほうがいいなぁ。

とりあえず、各自好きな飲み物を頼んで、
アパタイザーは
本日のスープ

ひらめのセビチェ&アプリコットにモッツェレラの冷たいスープ
とっても、どこかで食べたことのある味をしてました。生のアプリコットに、結構さっぱり感のあるスープ。ここまではOKだったけど、いまいち、ひらめのセビチェとはミスマッチ。ここのスープはいつも美味しいから、期待しすぎたかなあ。

Salade Compose

これは、完全に赤ワインのおつまみ用の料理でした。この時点で私はシャンパン、旦那、きゅうりのカクテル、友達、シャルドネ。
と〜〜〜ても濃厚なゴートチーズにストロベリーソース
玉ねぎのソテーの入れ物に入ったアーモンドやオリーブ(この玉ねぎが美味しかった)
3品目は、自家製ソーセージ。私は食べなかったけど、これも美味しかったみたいです。

メインは
いつもHamachiばかりなので、ちょっと志向を変えて
ホタテを注文。

このホタテ美味しかったです。こんなに味がしっかりしているホタテをアメリカで食べるのは、初めてかも。炙り具合もすごくよかったです。ホタテの味がしっかりしている分、もうちょっとソースの味に工夫が欲しかったなぁ。

で、旦那の気分を一気に変えてしまった、彼の頼んだ
リングイネ

結構酸味のあるゴートチーズのクリームソース、グリンピースとリングイネのパスタ。私は、そこまで不味いとは思わなかったのですが、旦那は気に食わなかったらしく、一気に気分が落ちてました。私の経験上、この手のちょっと高級レストランは、フォアグラやいいお肉を使った料理は、得意だけど、ベジタリアン用の料理は、今一なんです。だから、お肉を頼んだほうがいいって忠告したのに。しかも、この料理と一緒に、フランス産のやたらとタンニンか濃〜いワインを飲んでるし。

ちなみに、友達はHamachiを食べてました。

まぁ、今回3回目のトライで、1,2回目の時ほど感動はなかったけど、それなりに美味しかったかなぁ。最近、ちょっと味覚障害気味なので、どうにかしなければ。。。

食事が終わったのが7時半。まだ、数席空いてました。金曜日の7時半に空きがある席があるなんて、Sel Grisちょっと下降気味?って思って、その後、Mississippiエリアに移動したら、メキシカンやBBQのお店に人が溢れてました。やっぱり、こんなに天気のいい日は、みんなファンシーなレストランじゃなくて、外で、BBQなんですね。
author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 10:40
comments(2), trackbacks(3)
ポートランドでLe Pigeonに行こう!
ここ最近、美味しいものを食べてなかったので、先週の水曜日に久々に
Le Pigeonに行ってきました。平日に行くのは、かなり久しぶり。

水曜日なのにかなり混んでました。家を出る前に電話を入れたら、45分待ちって言われたのだけど、結局、カウンターにキャンセルが出て、待たなくてよかったので、ラッキーでした。

急に思い立って行ったので、そこまでお腹は空いてなく、アパタイザーをパスしていきなりメイン
私は、ベジタリアンのポルチーニ茸のクレープ
メニューを読んだだけでは、想像が出来なかったこの料理、どんなものが出てくるのかと思ったら、
こんな感じ↓


トマトソースなしのラザニアって感じでした。クレープとはちょっと違うかな。
きのこの風味たっぷりで、美味しかったです。付け合せの野菜もカリフラワーと赤玉ねぎのピクルスも、いい感じに酸味が効いてて、さっぱりしていて今の季節にはぴったり。ポルチーニ茸のラザニアが結構ヘビーだったので、この付け合せの野菜がいいアクセント。

旦那は、Le Pigeon バーガー

$13なのにかなりのボリュームなので、お得なバーガーです。私は、食べたことがないけれど、うちの旦那はかなりお気に入り。

お客さんの層も、以前は、NYから来たとか、SFから来たとか、お金持ちのフーディーって感じの人たちが多かったのですが、ブームが去ったのか、開店当時の客層って感じに戻ってて、居心地がよかったです。それにしても、みんなお肉をオーダーしてました。今回は、旦那のメインが安かったので、一杯づつ飲んで、チップも入れて$50弱。またしばらく通っちゃいそうです。
JUGEMテーマ:グルメ


author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 16:06
comments(0), trackbacks(3)
ポートランドのSel Grisにはまちを食べに行こう!
JUGEMテーマ:グルメ

ポートランドの新しいレストランを探していて偶然見つけた
Sel Grisの映像
今、ポートランドで私の一押しレストラン(といっても2回しか行ったことないけど)
しかも、私の大好きなメニューHamachiをダニエルが紹介してます!
あ〜またHamachi食べたくなってきた!

今週末は、なにかおいしいもの食べたいなぁ〜
author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 16:33
comments(3), trackbacks(3)
ポートランドにおいしいフランスパンを食べに行こう
またまた更新がかなり遅れてしまいました。
ポートランドで、私好みのフランスパンにやっと出会いました。
St.Honore もKen’s Artisanのフランスパンももちろん十分美味しいのですが、ちょっと、私的には、ドライすぎるんです。外がカリっとしていて、さらに中はしっとりもっちりのフランスパンを探していたのですが、やっと出会いました〜!
ポートランドでは、結構有名なフレンチベーカリーPearl Bakeryの創業者が、新しくNEのBroadway エリアに始めた
Fleur De Lis Bakery &Cafe 噂ではPearl Bakeryの経営陣と創業者で揉めたらしく、創業者はPearl Bakeryから抜けて、新しくこのベーカリーを去年始めたみたいです。

店内はかなり広く、カウンターはフレンチベーカリ〜って感じで、かわいいのですが、食事をするエリアは、統一感のない椅子やテーブルに、これまた統一感のないいろんな柄のテーブルクロス。でも、なんかNEのBroadwayのエリアっぽいです。地元の住民たちが気軽に足を運んで、新聞を読みながらコーヒーとクロワッサン。ぜんぜんファンシーじゃないけど、それがなんだか落ち着ける雰囲気を漂わせてます。
フランスパンはお持ち帰りをしたので、残念ながら写真に撮ってないのですが、
外は、カリッとしているのに、中はぜんぜんドライすぎず、しっとり、もっちり。ランチに食べたキッシュ、すごく美味しかったです!

私は、キッシュを食べたときに、底の生地の部分が、べちょって感じだと、許せないんです。でも、液体を流し込んで焼くのですから、どう考えてもべちょって感じを防ぐのは難しいですよね〜。
でも、ここのキッシュは、具の部分はしっとり、底の生地は、水分をほとんど吸ってなくて、サックリ。きっとオーブンが違うのかなぁ。
このあたりには、フレンチベーカリーはないと思うので、NEにお住まいの方にはかなりお勧めのベーカリーです。
営業時間が確か3p.m.までだったはずなので、お間違えなく。

Fleur De Lis Bakery & Cafe
3930 NE Hancock St
Portland, OR 97212
(503) 459-4887
JUGEMテーマ:グルメ


author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 04:56
comments(0), trackbacks(2)
ポートランドにフォアグラのアイスクリームを食べに行こう!
JUGEMテーマ:グルメ

久々にLePigeonに行ってきました!
金曜の夜、8時くらいに行って、3人だったのだけど、20分くらい待って、カウンターに座れました。昔なんて、金曜の夜は1時間半待ちとかだったのになぁ。
最近は、予約も取ってくれるようになったみたいだし、行きやすくなって嬉しい。

ピノノアをボトルで頼んで、(いまいちだったので、名前覚えてません。。。TAPASなんとかだったと思います。)
この日は、LePigeonに行く予定は全くなかったので、私は、家で、軽くスナックを食べてて、そこまでお腹が空いてなかったので、前菜はパスして、いきなりメイン。

私は、Arctic Charというシーフードのロールキャベツ


ロールキャベツの中が、ロブスターとホタテ、、そして。マスの卵。このイクラに似たマスの卵が、生の状態を保ったまま調理されているので、食べたときに、プチプチと卵が割れるんです。初めての食感。サーモンの焼き加減も最高で、外は、パリって感じなのに、中はしっとり。それにしても、ロブスターとホタテのすり身には、火が通っているのに、マスの卵には火が通ってないのは、どうやって調理してるのだろう?っと思って、ガブリエルに聞いたら、“火を入れすぎないようにしてるから”って答えが。いや、それは分かるのだけど。。。。とにかく、初めて食べるシーフードロールキャベツ、美味しかったです。

旦那と友達は、ステーキをオーダー。マッシュルームとオニオンがパイ生地に包まれたものの上に、ステーキが乗って出てきました。(写真取り忘れました)
旦那は、最近、LePigeonに行って、味が落ちた。とかって言ってたのに、今回は、ステーキの美味しさに感動してました。

そうこうしていたら、友達カップルが合流して、彼らは、フォアグラのパテとポークチョップを食べてました。フォアグラのパテはこってり過ぎで、いまいちだったみたいです。ポークチョップは、めちゃくちゃ美味しいらしいです。ポークチョップ好きな方、ぜひ頼んでみてください。

デザートは、フォアグラのアイスクリームとチョコレートライスプティング



小さな、シューの中にフォアグラのアイスクリームが入って出てきます。
ものめずらしさで、頼んでみましたが、まぁまぁかなぁ。シューはいい感じの焼き具合だし、上にかかっていたキャラメルソースも美味しかったけど、フォアグラのアイスクリームは、あんまり味がなかったです。でも、コッテリしてました。

ライスプティングは、なんだか懐かしい味がするっと思ったら、ミスタードーナッツのエンゼルショコラ!の味。一緒にいた日本人の友達も同意してくれました(笑)。あ〜懐かしい。写真は、あんまり美味しそうじゃないけど、美味しかったです。あ、でも、私は前菜食べてなかったから、いけたけど、お腹がいっぱいの状態で、このライスプティングは、かなり辛いかも。

結局、お店に11時くらいまで、居ました。時間に余裕がある人は、お店がちょっと落ち着いた、8時以降に行った方が、サービスがいいような気がします。


author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 14:45
comments(3), trackbacks(7)
ポートランドにハマチとフォアグラのコンビネーションを食べに行こう!
JUGEMテーマ:グルメ


バレンタインズ のディナーに一足早Sel Gris に行ってきました。


オーナー&シェフは、Carlyle &Oleaの元executive chefの Daniel Mondok です。

急に行くことを決めたので、土曜の2時くらいに電話して、今日の夜、何時でもいいから、2名で空いているところある? と電話すると、9時半で、カウンターなら席が取れる ということで、予約を入れました。

レストランはHawthorn の 18th、フレンチのCastagneの2軒くらい隣で、元Ken’s Placeがあった場所です。 Ken’s Placeの経営者は、今は、この前紹介したKenny and Zuke’sのオーナーをしてます。

まず、レストランに入ると、ここはHawthorn?と思うくらい、NWやパールのレストランのようなインテリア&客層。年齢層はかなり高かったかなぁ。
9時半だったけど、満席。予約しておいて良かった〜。

まずは、前日、飲み損ねた Critormのピノ。冬になると、濃い目のワインが飲みたくて、最近はシラーが多かったから、久々のピノ。やっぱり、おいしいピノはいいですね〜。

カウンターだったので、バーテンの子が接客してくれたのですが、まず、彼女が、“あなたのために、ハマチ 売り切れになるところだったから、1つ残してるから、注文したかったら言ってね”と。実は、電話で予約を取るときに、メニューを見て、ハマチ があることを発見して、“今日、ハマチ 入ってる?”って聞いていたんですよ。
でも、予約の電話に出たのは男の人。しかも、私は、ハマチ残しておいてね。と頼んでもないのに、このチームワークとサービスに感動しました。

もちろん、メインはハマチを頼みました〜。
とりあえず、
今日のスープは
ロブスタービスク キャビア添え
このスープが濃厚で美味しかったです。大きなロブスターの身も入っていたし。暖かいスープにキャビアが乗っているのは、ちょっと?でしたが、美味しかった〜。


サラダは、
オレゴンのダンジネスクラブのサラダ
一番、下の層にグレープフルーツの果汁を凍らせたもの。その上にカニとアボガド、レタスのサラダ。ソースは、バルサミコっぽい味のソース。
グレープフルーツのカキ氷状のものと、カニとアボガドが口の中で、絶妙にマッチします。ちょっとグレープフルーツの味が強すぎるかなぁ。


メインは、ハマチ
コンソメのスープの中に、炙りはまち。その上にフォアグラが乗ってます。
フォアグラと軽く炙られたハマチが口の中でとろけま〜す。しかも、コンソメは、ハマチのアラを炭状態にしたものでダシを取っているらしく、日本のアラ汁のような味。何年もベジタリアンだったので、(今はなんちゃってベジタリアン)久々のフォアグラを食べれるかどうか心配だったのですが、ぜんぜん、脂って感じではないし、とにかく、とろけるんです。美味しかった〜。
この4年間ポートランドで食べた料理の中でNo.1かも。


旦那のメインは、私がフォアグラを食べれなかった場合のバックアップとして、ベジタリアンメニューの
ローストされたカブなどの野菜のパスタ シュッペツレ
この味を言葉にするのがすごく難しいのですが、
タンニンが結構強くて&野菜の甘みもいっぱい出ていて、味がかなり濃かったです。カブの食感と、濃い目の味付け、そして、フェネルの味シュッペツレ。一口食べただけで、いろんな味が口の中に広がります。旦那は、このいろんな味が広がるのがいいと言ってましたが、私的には、いろんな味が広がりすぎで、でも、後口は、味の濃いスープで消されてしまうって感じで、いまいちだったかなぁ。というか、あのハマチを食べちゃった後は、何を食べても感動しません。(笑)


おなかいっぱいだったので、デザートは旦那とシェア。
ホワイトチョコレートのセミフロマージュ。
かわいい〜〜〜。
ちょっと、固めのムースという感じの食感に、そこまで、チョコレートの味はしないで、どっちかといえば、柑橘系の味がしまいした。
周りに、ブルーベリーソース、ブルーベリーレザー、星型のクッキーはちょっとスパイスが効いてました。甘さは控えめですが、濃厚でした。旦那とシェアしてちょうど良かったかな。


全体的に味は濃い目です。旦那にPaley’s とどっちが好きか?と聞かれたのですが、基本的な料理法が違うので、どっちとも選べない。Paley’sはNW料理で、素材の味をいかに引き出すかって感じで、sel grisは、ソースやスープでいかにメインを変化させるかって感じ。と偉そうなことを言いつつ。。。VDディナー終了。

↑の料理+ワイン1杯、ビール2杯にコーヒー2杯で、チップなしで$100ちょっとでした。一人$100くらいの予算と思っていっていたので、案外安くてびっくり。サービスはすごく良かったです。お手洗いに立って帰ってくると、ナプキンがちゃんとたたまれていたり、これをやってくれたのは、今まで行ったレストランの中では、Paley’s とSel Grisのみ、私はかな〜りいやな客で、料理のことをいろいろ聞くのですが、バーテンの子も、ウエーターも、本当に、よく料理のことを知っていて、調理法まで、説明をしてくれました。

レストラン自体は、かなり狭いので、テーブルとテーブルの間が狭かったです。2人とかだと、カウンターの方が、バーテンの子と話をしたり、キッチンで料理を作っているのを見れて楽しいかも。


author:Portlander, category:ヨーロッパ料理(フレンチ、イタリアン、etc.), 06:32
comments(0), trackbacks(8)